<< お仕立てについて | main | 小紋から羽織に仕立て替え >>

洗い張りと丸洗い

0
    教室でお直しをする着物を洗い張りさせていただきました。
    きしきしした感じがなくなりさっぱりきれいになりました。





    しばらくしまったままの着物や洗っていない着物は、きしきししていてカビっぽい感じがあります。
    そこで、お直しや仕立て直しのためにお預かりする際に、状態をみて洗い張りか丸洗いをおすすめさせていただくことは少なくありません。

    最初は抵抗があるみたいなのですが、洗いをしてお渡しをすると、洗わなければよかった…というお声は聞いたことがく、さっぱりした仕上がりとにおいのちがいに、満足していただけるようです。
    実際、私もちがいをきちんと実感できるので、おすすめしてよかったと思っています。

    着物の古さや状態によっては、洗えないものもありますが、洗いを迷われている方や絹の着物を洗ったことがない方は、ぜひ一度、洗いに出してみてください。

    また、ご相談もお気軽にどうぞ。


    洗い張り・・・仕立て上がっている着物をほどいて、洗います。
    着用にはお仕立てが必要です。

    丸洗い・・・仕立て上がった状態で着物類を洗います。衿と袖口は下洗いをしてから洗います。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM