お仕立てについて

2
いつも、糸果のブログを見てくださりありがとうございます^^
改めてと言いますか、今回は糸果のお仕立てについて書きたいと思います。

糸果では、和裁技能士が加工相談をうかがうということで、お仕立てを含むすべての加工を国内でしているため、特に表記せずに今まで来たのですが、実際どうなの?と思われる方もいらっしゃるかと思い、きちんとブログに書こうと思いました。

洗い張りやしみぬき・丸洗いのお手入れ加工は京都の本社で染色補正士が、お仕立てや部分的な仕立てのお直しは私たち含め、国内の和裁技能士が加工をしております。

私個人としては、加工場所が国内であっても海外であっても、それぞれに良いところがあり、それはお客様が選ばれることかとは思っています。
また、海外の方が和裁や着物に携わってくださることも、最初は戸惑いがありましたが、今では色んな方に知ってもらえて、うれしいことだと思っています。

ですが、昨今の日本国内技術者の現象は著しく、大変厳しいものとなっています。
職人はこのご時世、職業とすることがとても難しくなってきていますが、なんとか伝統や技術を次の世代に受け継いでいきたいという想いで、国内にこだわって加工をさせていただいております。

お客様にとってよい加工をすることはもちろんですが、技術者も誇りを持って仕事ができる。そういうことを目標にしております。


日本人が日本文化をきちんと次の世代に伝えていけたらいいな、と思っています。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM